体を温める果物

体を温める食べ物

体を温める果物

HOME > 体を温める方法 > 果物

体を温める果物、冷やす果物

果物にも「体を温めるもの」と「冷やすもの」があります。

女性にはフルーツが好きな方が多いと思いますが、冷え性に悩むのもまた女性。バナナ、パイナップル、マンゴーなど、果物には南国産のものが多く、体を冷やしてしまいがちなことも冷えの原因のひとつ。

でもなかには、体を温めるはたらきをする果物もあります。では、具体的に紹介していきましょう。

スポンサーリンク

温める果物と冷やす果物の見分け方

体を温める果物と冷やす果物の見分け方は、

  • 寒い地方でとれる果物は、体を温める
  • 暑い地方でとれる果物は、体を冷やす

果物は南国産のものが多いので、体を冷やしてしまいがち。でも 「温める果物(冷やしにくい果物)」 もいろいろとあります。具体的に紹介します。

体を温める果物

温める果物には何があるかというと・・・

温める果物
  • りんご
  • ぶどう
  • さくらんぼ
  • オレンジ
  • いちじく
  • あんず
  • プルーン

りんごには、コレステロールの吸収をおさえるはたらきや整腸作用があります。

ぶどうには、眼精疲労をやわらげるはたらきもあります。巨峰のような皮の黒いぶどうならアントシアニンによる抗酸化作用も期待できますね。

またオレンジは、体を冷やすイメージがあるかもしれません。しかし、血行をよくしたり、体を温めて汗を出すことで風邪などの熱を下げるはたらきもあるんです。

体を冷やす果物

次は、冷やす果物を紹介します

冷やす果物
  • バナナ
  • パイナップル
  • マンゴー
  • すいか
  • みかん
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • キウイ
  • メロン

果物となるとどうしても南国産のものが多く、体を冷やす傾向があります。

しかし・・・

スポンサーリンク

冷やすからよくない、というものでもありません

「冷やす果物は良くない」ということではありません。

夏の暑い季節に南国産のフルーツを食べる、というのは、熱い体を自然のチカラでクールダウンしてくれるので、とても理にかなっています。

果物には酵素もたっぷり含まれていますし、マンゴーやパパイヤなどの南国の果物は抗酸化作用にもすぐれていますので、健康や美容の強い味方になります。

「冬は体を冷やす果物はひかえよう」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、たっぷり含まれる酵素はぜひとも取り入れたいところ。

なぜなら、酵素は加熱した食べ物には含まれていません。酵素は「生の食べ物」と「発酵食品」にしか含まれていないのです。

疲れやすい、疲れがとれない、体が重い、と感じる方の多くは酵素不足の食生活を送っているのではないでしょうか。

そこで・・・

果物と一緒に温める食べ物を

果物と一緒に温める食べ物や飲み物

「冷やしたくないから果物は食べない」というより「果物と一緒に、体を温める食べ物や飲み物をとる」というのがおすすめ。

例えば「生野菜のサラダ、白いパン、バナナ、コーヒー」という朝食では、4つともすべてが体を冷やすメニュー。

でもこんなアレンジをすると・・・

  • 生野菜のサラダには、たまねぎのスライスを加えて、醤油ベースのドレッシングを使う
  • 白いパンの代わりに、全粒粉のパンを食べる
  • バナナは酵素も栄養もたっぷりなので、そのまま食べる
  • コーヒーの代わりに、紅茶、黒豆茶、生姜湯などにする

これで、バナナ以外はすべて体を温めるメニューに変わりました。

「この果物は体を冷やす」と理解した上で「だから一緒にこれを食べよう、飲もう」と食事を工夫したり、休憩のときに緑茶ではなく紅茶にしたり。

意識しながらバランスよく食べ物や飲み物を選ぶのがいいですね。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

スポンサーリンク

冷えの原因はこの2つ

冷え性の原因は、結局のところ次の2つではないでしょうか。

  • 体の中に熱が足りない
  • 体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給

1.の「熱が足りない」人は、体を冷やすものを減らすとともに、運動したりお風呂にゆったりとつかるなどして体を温めることが大切です。

体の中で熱を作るのは筋肉の役割。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動したり、駅までのバスを徒歩にしたり、エスカレーターを階段にしたりと、体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に10分間。体温が1℃ほどアップします。体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、体の流れをよくしよう

2.の「熱があるのに流れが悪くて行き届かない」人は、体がガチガチになっていませんか?

肩がこる、首がこる、背中が重たい、足がむくむ・・・。ストレスの多い人も、体がかたく緊張しがちになっています。

そんな流れの悪い状態では、体の中にいくら熱があっても行き届きません。かたくなった体をほぐして、流れをよくしてあげましょう。

マッサージや整体は効果的とはいえ、毎日通うのは無理。自分で体をもみほぐしたりストレッチをするのもおすすめですが、自分で体をより深くほぐす方法があります。

自宅で、手軽に、時間もかけずにできるのでとてもおすすめ。深くほぐして流れをよくして、冷えない体、夜はぐっすり、いつも軽やかな体のために、ぜひ参考になさってください。

自分でしっかりと体をほぐす方法 >>

▲このページのTOPへ

▼関連記事