体を温める野菜

体を温める食べ物

体を温める野菜

HOME > 体を温める方法 > 野菜

体を温める野菜、冷やす野菜

野菜にも「体を温めるもの」と「冷やすもの」があります。

冷え性や妊婦さん

夏野菜は体を冷やすとか、生姜は体を温めるなど、ご存じのものもあるでしょう。そのほかにも温めるか冷やすかの見分け方や、具体的な例を紹介します。

冷え性を改善したい人や妊婦さんだけでなく、健康で美しくありたい人にとって体を温めることは必須。毎日の食生活の参考になさってください。

温かい料理が体を冷やす?

温野菜や煮物など温かい料理だからといって、体を温めるとは限りません。

サラダのような冷たい料理よりも温かい料理のほうがいったんは温まるでしょう。でも、どの野菜を使うかによって、体を温めるはたらきに大きな差があります。

たとえば・・・

白菜とナスとトマトのスープ。料理としては温かいですし、食べた時はきっと温まるでしょう。でも食材としてはどれも体を冷やすもの。このようなものばかりを食べていくと、将来的には冷え性になりやすい傾向がある、ということですね。

逆に、生姜をはじめ、ごぼう、れんこん、ネギ類などを習慣的に食べていけば、冷え知らずへと変わっていくことも期待できます。

では、温めるものか冷やすものかの「見分け方」、そして「具体的にどんな野菜が温めるのか、冷やすのか」についてご紹介します。

▲このページのTOPへ

温める野菜と冷やす野菜の見分け方

温める野菜と冷やす野菜の見分け方として、まずご存じでしょうが、

  • 冬が旬の野菜は、体を温める
  • 夏が旬の野菜は、体を冷やす

かぼちゃや生姜は冬が旬なので温める野菜。トマトやキュウリは夏が旬なので冷やす野菜。またほかの見分け方として・・・

  • 土の“中”にできる野菜は、体を温める
  • 土の“上”にできる野菜は、体を冷やす

にんじん・ねぎ・さつまいもなどは、土の中(地面の下)にできるので温める野菜。レタス・ほうれんそう・なすなどは、土の上(地面の上)にできるので冷やす野菜、といった感じですね。

さらに・・・

  • 黒い色、赤い色、オレンジ色の野菜は、体を温める
  • 白い色、青い色、緑色の葉物野菜は、体を冷やす

ただしトマトは色は赤いですが、南米の暑い地域が原産なので体を冷やします。夏野菜の代表でもありますね。

では、それぞれどんな野菜があるのか、具体的に紹介します。

▲このページのTOPへ

スポンサーリンク

体を温める野菜

温める野菜には何があるかというと・・・

温める野菜
  • にんじん
  • ねぎ、たまねぎ
  • ごぼう
  • れんこん
  • かぼちゃ
  • 生姜
  • にら
  • にんにく、にんにくの芽
  • 山芋
  • ふき
  • こんにゃく
  • 赤唐辛子

▲このページのTOPへ

体を冷やす野菜

こんどは冷やす野菜を具体的に紹介します。

冷やす野菜
  • レタス
  • キャベツ
  • 白菜
  • ほうれんそう
  • 小松菜
  • きゅうり
  • トマト
  • なす
  • ゴーヤ
  • セロリ
  • もやし
  • おくら
  • 大根

トマト・キュウリ・ゴーヤといった夏野菜は体を冷やす、とご存じの人も多いでしょう。

しかし鍋の材料に欠かせない冬の野菜「白菜」が体を冷やすものだ、というのは意外ではないでしょうか?

これは白菜が「土(地面)の上にできるもの」であり「緑色」の野菜だからです。

さて、食べ物を選ぶ時は「温めるか冷やすか」だけに着目するものではありません。

バナナは塩分を排出してくれるカリウムが豊富ですし、南国のフルーツやトマトは抗酸化作用が高い食べ物。

葉物の野菜には食物繊維が豊富ですし、大根は天然の胃薬と呼ばれるほどお腹によい食べ物です。

なにごともバランスが一番大切。温めるか冷やすかは、あくまでも食品選びの“ひとつの基準”として考えて、いろいろな野菜をバランスよく食べたいものですね。

そこで・・・

冷やす野菜 ⇒ 温める野菜 に変える方法

いくら冷え性だからといっても、温める食べ物ばかり食べるわけにもいきません。

そこで、体を冷やす野菜を温める野菜に変える方法があります。その方法は・・・

  • 発酵する
  • 熱を加える
  • 圧力を加える

たとえば・・・

  • 白菜(冷やす野菜)→ 加圧 → 白菜の漬物(体を温める食べ物)
  • 白菜(冷やす野菜)→ 加圧・発酵 → 白菜のキムチ(体を温める食べ物)
  • 緑茶(冷やす飲み物) → 加熱・発酵 → 紅茶(体を温める飲み物)

食事にお漬物やキムチを追加したり、食後のお茶を緑茶から紅茶にかえるなど、手軽な方法で「温め食材」を取り入れてはいかがでしょうか。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

▲このページのTOPへ

冷えの原因はこの2つ

冷え性の原因は、結局のところ次の2つではないでしょうか。

  • 体の中に熱が足りない
  • 体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給

1.の「熱が足りない」人は、体を冷やすものを減らすとともに、運動したりお風呂にゆったりとつかるなどして体を温めることが大切です。

体の中で熱を作るのは筋肉の役割。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動したり、駅までのバスを徒歩にしたり、エスカレーターを階段にしたりと、体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に10分間。体温が1℃ほどアップします。体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、体の流れをよくしよう

2.の「熱があるのに流れが悪くて行き届かない」人は、体がガチガチになっていませんか?

肩がこる、首がこる、背中が重たい、足がむくむ・・・。ストレスの多い人も、体がかたく緊張しがちになっています。

そんな流れの悪い状態では、体の中にいくら熱があっても行き届きません。かたくなった体をほぐして、流れをよくしてあげましょう。

マッサージや整体は効果的とはいえ、毎日通うのは無理。自分で体をもみほぐしたりストレッチをするのもおすすめですが、自分で体をより深くほぐす方法があります。

自宅で、手軽に、時間もかけずにできるのでとてもおすすめ。深くほぐして流れをよくして、冷えない体、夜はぐっすり、いつも軽やかな体のために、ぜひ参考になさってください。

自分でしっかりと体をほぐす方法 >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事