体を温める飲み物

体を温める方法

体を温める飲み物

HOME > 体を温める方法 > 体を温める飲み物

体を温める飲み物、冷やす飲み物

飲み物には「体を温めるもの」と「冷やすもの」があります。

「温かい飲み物なら体を温めるよね?」と思ってしまいがちですが、実は、温かい飲み物でも体を冷やしてしまうものがあるんです。

コーヒーも冷やす飲み物のひとつ。ホットのコーヒーでも体を冷やしてしまいます。

冷え性の方などは、寒い冬だけでなく夏でも、オフィス、電車、スーパーやお店など、クーラーの冷気に冷えを感じることが多くなっています。

そこで「温めるものと冷やすもの」を冷え性対策のご参考になればうれしいです。

体を温める飲み物と冷やす飲み物の見分け方

温める飲み物と冷やす飲み物の「見分け方」をいくつかご紹介します。

まずは、

  • 赤や黒など色の濃い飲み物は、体を温める
  • 白い色など色のうすい飲み物は、体を冷やす

色の濃い赤ワインは温める飲み物で、色のうすい白ワインは冷やす飲み物。色の濃い黒豆茶は温める飲み物で、色のうすい豆乳は冷やす飲み物。

次に、

  • 寒い地域で収穫される飲み物は、体を温める
  • 暑い(暖かい)地域で収穫される飲み物は、体を冷やす

そして、

  • 発酵している飲み物は、体を温める
  • 発酵していない飲み物は、体を冷やす

発酵している紅茶は温める飲み物で、発酵していない緑茶は冷やす飲み物、といった感じですね。

では、温める飲み物と冷やす飲み物について、具体的に紹介していきましょう。

▲このページのTOPへ

体を温める飲み物とは?

体を温める飲み物には何があるかというと・・・

温める飲み物
  • しょうが湯
  • 黒豆茶
  • ほうじ茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 赤ワイン
  • 日本酒
  • 紹興酒

ここで「コーヒーは色が濃いから温める飲み物じゃないの?」と思いがち。

でもコーヒーは、ブラジルやエチオピアなど赤道直下の暑い地域で収穫されるもの。なので、コーヒーは体を冷やす飲み物となるのです。ホットコーヒーであっても冷やす飲み物なのですね。

▲このページのTOPへ

体を冷やす飲み物とは?

今度は、体を冷やす飲み物を具体的に紹介します。

冷やす飲み物
  • コーヒー
  • 緑茶
  • 牛乳
  • 豆乳
  • ジュース
  • 清涼飲料水
  • 白ワイン
  • ビール
  • ウィスキー
  • 焼酎

さて次は、体を温めるにはいつ飲むのが効果的なのか?について紹介します。

▲このページのTOPへ

スポンサーリンク

飲むタイミングはいつが効果的?

次は、冷え性対策に効果的な飲むタイミングについてです。

飲むタイミングによって、温める効果は大きく変わってきます。特に効果が高いタイミングを3つ紹介します。

朝一番

朝一番に温める飲み物を

一日で一番寒いのが朝。特に冬の朝は、スッと起きられない、体がサクサク動かない、頭がはたらかない、という人も多いでしょう。

そこで、朝一番に体を温める飲み物を飲むのが効果的。

朝に体を温めておくと、その日一日は温まりやすくなります。

駅までの10分の道のりだって、掃除・洗濯・布団干しだって、いつもよりも体が温まりやすくなります。なによりスムーズに動けるのがいいですね。

起きてすぐでもいいですし、朝ごはんと一緒でもいいでしょう。なるべく早い時間に体を温める飲み物を飲むのがおすすめです。

お風呂に入る前

お風呂の前に温める飲み物を

「お風呂で温まってもすぐ湯冷めするんです」という人は、体の表面しか温まっていないのが原因。

冷えた体には、湯船のお湯が熱く感じます。芯まで温まる前にのぼせてしまうので、じっくりと温まっていないんです。

温める飲み物をお風呂の前に飲めば、体がじんわりと温まります。これで湯船との温度差も小さくなって、お風呂で温まりやすい準備が完了。

湯船のお湯を熱すぎると感じることなく、ゆったりと芯まで温まることができます。筋肉もほぐれて深くリラックスできますし、湯冷めもしにくくなりますね。

夜寝る前

夜寝る前に温める飲み物を

「手先足先がキンキンでなかなか寝つけない」、「冷えて夜中に目が覚める」、「夜中に目が覚めてから眠れない」、という声をよく聞きます。

冷えた体では、寝つきが悪く眠りも浅い。昼間の疲れをじゅうぶんに回復できません。

体を温める飲み物を寝る前に飲めば、寝つきもよくなり眠りも深くなって、ぐっすり眠れるようになります。疲れもとれて軽やかに朝を迎えられるでしょう。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

冷えの原因はこの2つ

冷え性の原因は、結局のところ次の2つではないでしょうか。

  • 体の中に熱が足りない
  • 体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給

1.の「熱が足りない」人は、体を冷やすものを減らすとともに、運動したりお風呂にゆったりとつかるなどして体を温めることが大切です。

体の中で熱を作るのは筋肉の役割。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動したり、駅までのバスを徒歩にしたり、エスカレーターを階段にしたりと、体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に10分間。体温が1℃ほどアップします。体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、体の流れをよくしよう

2.の「熱があるのに流れが悪くて行き届かない」人は、体がガチガチになっていませんか?

肩がこる、首がこる、背中が重たい、足がむくむ・・・。ストレスの多い人も、体がかたく緊張しがちになっています。

そんな流れの悪い状態では、体の中にいくら熱があっても行き届きません。かたくなった体をほぐして、流れをよくしてあげましょう。

マッサージや整体は効果的とはいえ、毎日通うのは無理。自分で体をもみほぐしたりストレッチをするのもおすすめですが、自分で体をより深くほぐす方法があります。

自宅で、手軽に、時間もかけずにできるのでとてもおすすめ。深くほぐして流れをよくして、冷えない体、夜はぐっすり、いつも軽やかな体のために、ぜひ参考になさってください。

自分でしっかりと体をほぐす方法 >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事