パソコン疲れにストレッチ

疲労を回復するストレッチ

パソコン疲れをとるストレッチ

HOME > 疲れをとる方法 > ストレッチ > パソコン疲れをとるストレッチ

パソコン仕事の疲労回復に

仕事で長時間パソコンに向かう人はとても多いと思います。そんな人におすすめの簡単ストレッチを紹介します。

手首を両方の方向へゆっくりギューッとストレッチ

長時間のパソコン仕事をする方は多いでしょう。首のこり、肩こり、背中や腰なども疲れやすく、腕を回したり、首を回したり、ストレッチをしたりと、こりや疲労の解消のために一息入れて体を動かしている方も多いと思いますが・・・。

意外と気にしないのが、指や手首の疲れ。

パソコン仕事にストレッチ

パソコンの仕事では肩から手首にかけてはほとんど動きません。パソコンのキーボードを打つ時に指先は左右によく動きますが、手首自体は指先ほどは動いていないものです。

そこで、手(指)や手首の疲れをとるストレッチ。手首を直角にギューッ、とそらしましょう。

たとえば・・・

机の前に立って、指先を自分側に、つまり腕の内側が前を向くようなかたちで机に手のひらをついてゆっくりと体重をかけて、10秒から20秒ほど手首をストレッチ。

今度は反対に、手の甲を机にあてて、同様にゆっくりと体重をかけて、10秒から20秒ほど手首を伸ばします。

終わったら、手首から指先までをプラプラとふってリラックス。指先や足先などの体の末端をプラプラさせるのは、脳の活性化にもつながります。

この簡単ストレッチで、手首や腕の疲れがとれて脳も活性化。パソコン仕事もはかどりますね。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事