深い眠りにつく方法

疲労を回復する眠り

深い眠り

HOME > 疲れをとる方法 > 眠り

深い眠りにつく方法とは?

眠りは疲れや不調を回復する時間。眠りが深ければ回復は早まりますし、眠りが浅ければ回復がじゅうぶん終わらない状態で朝をむかえてしまいます。

そこで、健康で美しくあるために、深い眠りを得る方法をご紹介します。

呼吸法で深い眠りへ

かんたんな呼吸法でも体をゆるめて深い眠りをサポートしてくれます。息を吸うと交感神経(ストレス)に、息と吐くと副交感神経(リラックス)に。そこで、呼吸に気をつけて副交感神経に近づけていきましょう。

まず、鼻から大きく息を吸います。そして、息を吐く時は・・・

呼吸法で深い眠り くわしくは >>

深い眠りを妨げるパソコン

眠りにつく前のパソコンやテレビは、深い眠りの大敵。交感神経を緊張させるので、活動モードに切りかわってしまいます。

深い眠りを得るには、パソコンは寝る1時間前には終えて、寝る前はリラックスモードにしてくれるお風呂や・・・

深い眠りを妨げるパソコン くわしくは >>

昼寝の効果は夜の3倍!

昼寝は疲れをとる効果がとても高く、夜の眠りの3倍とも言われます。夜の眠りは90分サイクル。眠りについた頃は深い眠りでも、朝にむかうにつれて浅い眠りになっていきます。

しかし昼寝は、夜でいう一番深い眠りの状態。そこで効果的な昼寝の方法や時間は・・・

昼寝は夜の眠りの3倍の効果 くわしくは >>

しっかりほぐれて朝までぐっすり♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

睡眠と入浴の時間

入浴は疲れをとるには何より効果的。昼間からの交感神経(活動モード)から副交感神経(体の修復モード)に切りかわり、体もゆるんで流れもよくなって気分もゆったりリラックス。

入浴の後に汗がひいて体温が徐々に下がってくると、自然と眠くなってきます。その時間に眠りに入れれば、深い眠りが得られるようになるのですが・・・

睡眠と入浴の時間 くわしくは >>

抱き枕の効果は?

抱き枕は、気分的にもリラックスできますよね。それだけでなく、いびきや睡眠時無呼吸の解消、深い眠りにも効果を発揮。

いびきをかく人は、眠りが浅かったり、睡眠中に無呼吸になる傾向がありますが、抱き枕を使って横向きに眠ると両肩が自然とまるくなり、・・・

抱き枕の効果は? くわしくは >>

しっかりほぐれて朝までぐっすり♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

深い眠りにつく方法 - 目次 -

眠りで疲れをとる方法 眠りで疲れをとる方法

 

♪ 自分で自宅で簡単に ♪
体を深くほぐして深い眠りと疲労回復する方法 >>

プアーナプアーナ

▲このページのTOPへ