呼吸法 深い 眠り

疲労を回復する眠り

呼吸法で深い眠り

HOME > 疲れをとる方法 > 眠り > 呼吸法で深い眠り

呼吸法で深い眠り

呼吸法というと、少し難しいように感じる方も多いかもしれませんが、呼吸を少し工夫するだけでも、体をゆるめて深い眠りをサポートしてくれます。

そこで、誰でもできる簡単な呼吸法を紹介します。深い眠り、心地よい目覚めのために、かんたん呼吸法をお試しください。

細く息を吐く呼吸法で眠りの質が変わります。

呼吸法で深い眠り

私たちの体は、活動モード(交感神経)と休息モード(副交感神経)の2つのモードをバランスよく切り替えながら健康状態をキープしています。このモードは意識しないところで働いています。

眠りは副交感神経のピーク。しかしストレスを感じると交感神経に切り替えてしまい、寝つきを悪く、眠りも浅くしてしまいます。

息を吸うと交感神経に、息を吐くと副交感神経になります。そこで、呼吸に気をつけて副交感神経に近づけていきましょう。

まず、鼻から大きく息を吸います。そして、口から、細く、長く、ゆっくりと息を吐いていきましょう。遠くにあるローソクの炎を吹き消すイメージですね。

時間をかけてゆっくりと細く息を吐く。この呼吸法を数回くりかえすだけでもずいぶんとリラックスできるものです。

眠りにつく前に限らず、呼吸が浅くなりがちな仕事中など、この呼吸法をこまめに取り入れるだけで疲労回復効果も変わってきます。

そして、もう1つ大切なことは・・・

ぐっすり眠るためには、体をほぐすことが大切

体がほぐれていないと、ぐっすり眠ることはできません。

ストレスは交感神経を優位にして、体をかたく緊張させます。ストレスが多い人はいつも体が固くなっているので、それをほぐしてあげないとぐっすり眠れないんです。

マッサージで眠たくなる

これは全身がほぐれて 「睡眠&体の修復モード」 に切りかわった証拠。

ぐっすり眠れるだけでなく、昼間の疲れもスーッと消えて、体のすみずみまでリフレッシュ。軽やかで気持ちのいい朝をむかえられるでしょう。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて朝までぐっすり♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事