眠りを妨げるパソコン

疲労を回復する眠り

眠りを妨げるパソコン

HOME > 疲れをとる方法 > 眠り > 眠りを妨げるパソコン

深い眠りを妨げるパソコン

眠りにつく前のパソコンやテレビは、深い眠りの大敵。交感神経を緊張させるので、活動モードに切りかわってしまいます。眠りにつく前にはパソコンやテレビやゲームを避けて、ゆったりとお風呂に入ったり、明かりを落としてリラックスしましょう。

パソコン・テレビ・ゲームは深い眠りの大敵

パソコンは深い眠りを妨げる

深い眠りをえるには副交感神経(リラックスの状態)にすること。副交感神経は疲れや不調を修復するモードで睡眠中が一番ピークになります。お風呂も副交感神経にするのでお風呂の後に眠りにつくのは深い眠りにとても効果的

逆に交感神経(ストレスの状態)にするのはパソコン、テレビ、ゲームなどの刺激やさまざまなストレス。

お風呂で副交感神経になっても、その後にパソコンやゲームをしてはまた交感神経に逆戻り。深い眠りを妨げることになります。

パソコンやゲームやテレビはお風呂に入る前に。また蛍光灯も交感神経にしてしまうので、お風呂から出たら、白熱灯などの間接照明でゆったり過ごすのが、深い眠りや疲れをとるのに効果的です。

そして、もう1つ大切なことは・・・

ぐっすり眠るためには、体をほぐすことが大切

体がほぐれていないと、ぐっすり眠ることはできません。

ストレスは交感神経を優位にして、体をかたく緊張させます。ストレスが多い人はいつも体が固くなっているので、それをほぐしてあげないとぐっすり眠れないんです。

マッサージで眠たくなる

これは全身がほぐれて 「睡眠&体の修復モード」 に切りかわった証拠。

ぐっすり眠れるだけでなく、昼間の疲れもスーッと消えて、体のすみずみまでリフレッシュ。軽やかで気持ちのいい朝をむかえられるでしょう。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて朝までぐっすり♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事