抱き枕の効果

疲労を回復する眠り

抱き枕の効果

HOME > 疲れをとる方法 > 眠り > 抱き枕の効果

抱き枕はいびき解消や深い眠りにも効果を発揮

抱き枕は精神的にもリラックスできます。それだけではなく、いびきの解消にも効果を発揮するのです。

抱き枕というと精神的に癒されるイメージですね。やわらかいものにくるまれたり、抱っこしているとなんだか落ち着くもの。子供のころに母親に抱っこされるのがうれしいのも、この心理的な効果。抱き合うことで安心感がうまれたり、安らぐ効果があるのは大人も同じです。

精神的に癒される意味からも抱き枕は快眠に効果的ですが、それだけではありません。いびき解消にも抱き枕は効果を発揮します。

いびきをかく人は、眠りが浅かったり、睡眠中に無呼吸になる傾向がありますが、抱き枕を使って横向きに眠ると、両肩が自然とまるくなります。

この姿勢は呼吸をラクにする効果があり、いびきや無呼吸の解消をサポート。その結果、眠りも深くなって疲労回復にも役立つのです。

肌触りのいい抱き枕で、いびきの解消にも快眠にもお役立てください。

そして、もう1つ大切なことは・・・

ぐっすり眠るためには、体をほぐすことが大切

体がほぐれていないと、ぐっすり眠ることはできません。

ストレスは交感神経を優位にして、体をかたく緊張させます。ストレスが多い人はいつも体が固くなっているので、それをほぐしてあげないとぐっすり眠れないんです。

マッサージで眠たくなる

これは全身がほぐれて 「睡眠&体の修復モード」 に切りかわった証拠。

ぐっすり眠れるだけでなく、昼間の疲れもスーッと消えて、体のすみずみまでリフレッシュ。軽やかで気持ちのいい朝をむかえられるでしょう。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて朝までぐっすり♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事