ハーブティー 眠り

疲労を回復する眠り

ハーブティー

HOME > 疲れをとる方法 > 眠り > 深い眠りに効果的なハーブティー

ハーブティーで深い眠りへ

ハーブティーは気分をリラックスさせてくれる飲み物ですね。ノンカフェインのハーブティーなら眠りにつく前にもとてもおすすめ。気分もゆったり、深い眠りが得られると思います。そこで、深い眠りに効果的なハーブティーの種類や飲むタイミングを紹介します。

眠りにつく1時間前のハーブティーで深い眠りに

ハーブティーで深い眠り

カフェインには覚醒作用があります。コーヒー、紅茶、緑茶はカフェインが含まれているので眠りにつく前にはあまり適しません。

でもカフェインのないハーブティーなら眠りを妨げることもなく安心。ハーブの香りは気分をリラックスさせてくれるので精神的にも静かに落ち着いて、深い眠りにつながりますね。

深い眠りに効果的なハーブティーの種類は、カモミールやローズヒップ。でもやはり自分の好きな香りのハーブティーが一番ではないでしょうか。

生のハーブを使ったハーブティーを入れられるのならそれにこしたことはないですが、ドライバーブやティーバッグのもので手軽に楽しむのでもじゅうぶんに効果があります。

眠りにつく1時間ほど前が、ハーブティーを飲むベストタイミング。気分もゆったりとして、深い眠りが得られることでしょう。

そして、もう1つ大切なことは・・・

ぐっすり眠るためには、体をほぐすことが大切

体がほぐれていないと、ぐっすり眠ることはできません。

ストレスは交感神経を優位にして、体をかたく緊張させます。ストレスが多い人はいつも体が固くなっているので、それをほぐしてあげないとぐっすり眠れないんです。

マッサージで眠たくなる

これは全身がほぐれて 「睡眠&体の修復モード」 に切りかわった証拠。

ぐっすり眠れるだけでなく、昼間の疲れもスーッと消えて、体のすみずみまでリフレッシュ。軽やかで気持ちのいい朝をむかえられるでしょう。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて朝までぐっすり♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事