頭痛を解消する食べ物

疲労を回復する食事

頭痛解消の食べ物

HOME > 疲れをとる方法 > 食事 > 頭痛を解消する食べ物

頭痛を解消する食べ物と、効果的な食べ方とは?

頭痛がつらくてなんとか解消したい、という人におすすめなのが、普段の食べ物をひと工夫して頭痛を解消すること。そこで、頭痛の解消に役立つ食べ物と、その効果的な食べ方をご紹介します。

うなぎ

うなぎで頭痛を解消

元気の源とも言われるうなぎ。うなぎに多く含まれているビタミンB2という成分は、体の中でエネルギーを生むという大切な役割のほかに過酸化脂質を分解する作用を持っています。

このはたらきによって毛細血管の流れがスムーズになるので、体内のエネルギー源のブドウ糖が脳に供給されやすくなって、頭痛の解消に効果的なのです。

スーパーなどで売っている蒲焼きをそのまま食べるだけでもいいですが、細かく刻んでサラダに混ぜたり、お吸い物の具として入れたり、野菜と一緒にかるく炒めて、うなぎのたれで味付けするのもおすすめです。

ほうれん草

ほうれん草で頭痛を解消

ほうれん草には『マグネシウム』がたくさん含まれています。

マグネシウムには、血小板の凝集や血管の収縮をおさえるはたらきがあるので、血管の収縮によって起こるタイプの頭痛予防には特に効果的。ストレスが多い生活を送っている人は筋肉が固くなっていて血管も収縮しがち。ほうれん草の頭痛解消効果をとりいれたいですね。

ほうれん草は生では食べづらいという方も多いでしょうが、茹でておひたしにすると食べやすいうえに量もしっかり食べられます。

かつお節、ごま、えのき、ちりめんじゃこなどを一緒に入れれば、バランスもよくなって栄養豊富な一品になりますね。おひたし以外にもマリネにしたりお味噌汁の具にするのもよいでしょう。

スポンサーリンク

牛乳・乳製品

乳製品で頭痛を解消

牛乳に含まれている『トリプトファン』という成分は、血管の収縮や拡張に影響を与えるセロトニンの一部を形成する成分。

血管内のセロトニンが急に減ると血管が拡張して頭痛の原因になるので、セロトニンを増やす必要があります。

トリプトファンは食べ物から直接取り入れられるので、豊富に含まれる「牛乳」や「乳製品」を食べるのがおすすめです。牛乳を飲むのが一番ですが、苦手な方はクリームシチューにしたりミルクティーなどにして、少しでも取り入れるようにしてはいかがでしょうか。

スイカ

スイカで頭痛を解消

頭痛の原因のひとつである「脱水症状」。水分とミネラルをしっかり補給することは頭痛の解消にもつながります。

水分とミネラルを豊富に含んでいるのがスイカ。他の野菜や果物よりも水分やミネラルの量が多いので、スイカを食べることで頭痛予防や改善につながります。

切ってそのまま食べてもよし、ミキサーでジュースにして飲むのもおすすめです。

 

そして、大切なことがもうひとつ。

頭痛の解消に役立つ食べ物に含まれる栄養素を体に吸収するためには、体がほぐれていないといけません。

固い体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養がじゅうぶんに吸収されず、全身にも行き渡りません。さらにいらないものも出にくくなります。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事