貧血に効く食べ物

疲労を回復する食事

貧血に効く食べ物

HOME > 疲れをとる方法 > 食事 > 貧血に効く食べ物

貧血に効く食べ物とその効果的な食べ方

貧血によるだるさ・めまい・立ちくらみなどの症状はつらいもの。できれば薬に頼らずに改善したいものですね。そこで、貧血に効く食べ物や効果的な食べ方をご紹介します。

レバー

一般的に貧血といわれているもののほとんどは「鉄欠乏性貧血」。血液中のヘモグロビンが不足することによって起こります。ヘモグロビンは主に鉄とタンパク質でつくられているので、食べ物から補給することで貧血を解消させる効果が期待できるのです。

レバーは鉄分が非常に多い食べ物なので、積極的に食べて鉄分を補給したいですね。鮮度のいいものであれば生食でもOKですが、できれば加熱してサラダなどと一緒に食べるとよいでしょう。

牡蠣

牡蠣で貧血を解消

牡蠣には赤血球をつくるために必要な鉄分がたくさん含まれています。こちらも貧血に効く食べ物の代表。レバーよりも胃腸に負担がかかりにくいこともあって栄養素がしっかりと取り込めます。

揚げたり焼いたりするとより消化しやすくなりますので、カキフライや焼き牡蠣にして食べるといいですね。

スポンサーリンク

ひじき

ひじきで貧血を解消

海草の一種であるひじきには、鉄分・食物繊維・ビタミンA・カルシウムなど栄養素がたくさん含まれています。貧血に効くだけでなく美肌や便秘解消といった相乗効果も期待できるすぐれた食べ物です。

ただし、ひじきに含まれる鉄は体に吸収されにくい非ヘム鉄という種類。そこでビタミンCを多く含む食べ物と一緒に食べて吸収率を高めましょう。

野菜サラダをたっぷり取り入れた食事にするのもいいですし、キウイやかんきつ系の果物などを食前に食べるのも、鉄の吸収率を高めてくれます。

※果物は「食前」に食べないと、果物にたっぷり含まれる酵素がムダになります。食後ではなく食前に食べてください。

れんこん

れんこんで貧血を解消

鉄分を多く含む食べ物として「れんこん」もよく知られています。れんこんには鉄の吸収をよくするビタミンCが豊富で、1日に必要なビタミンをまかなえるほどの量を持つといわれています。

薄くスライスして焼いたり、筑前煮にしたり、同じく鉄分の多い「ひじき」と大豆・にんじん・油揚げ・ごぼう・こんにゃくなどを小さめにカットして煮つけたり。つみれや揚げ物のタネにみじん切りにしたれんこんを混ぜたりと、いろんな料理法で食事に取り入れることができますね。

これらが貧血の解消に効果的な食べ物なのですが、ただ食べるだけでは十分ではありません。大切なのは、栄養素を体にしっかりと吸収するということ

貧血の解消に効果的な鉄分をしっかり吸収するためにも、老廃物をしっかりと体から出すためにも・・・、

体がほぐれていることが大切なのです。

固い体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養がじゅうぶんに吸収されず、全身にも行き渡りません。さらにいらないものも出にくくなります。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事