食欲不振と食事

疲労を回復する食事

疲労を回復する食事

効果的な食べ方や組み合わせなど

HOME > 疲れをとる方法 > 食事 > 食欲不振と食事

食欲不振と食事

疲れたときは、しっかり食事をとって疲労を回復しようと思いますよね?実はそうとも限らないのです。なぜなら・・・

食欲不振と発熱は世界でたった2人の名医

自然療法を実践するドイツの医科大学のイセルス教授は、こう断言します。

食欲不振と発熱は、世界で最高のたった2人の名医だ」

野生動物の世界には薬も病院もありません。ケガをしても「なにか栄養のあるものでも食べようかな」なんて無理。逆に、ケガのせいで獲物をつかまえることすらできないでしょう。

では、どうやって治しているのかというと、「何も食べずにいる」「熱を出す(発熱)」ことで体を回復させているのです。

食欲不振

人間も動物も、酵素がなくなると生きていけません。その酵素は「食べ物の消化」と「新陳代謝(=健康の維持)」に使われます。何も食べなければ、体内にあるすべての酵素を「新陳代謝」に使えるので、ケガや病気をすばやく修復できるのです。

発熱

熱によってウィルスなどをやっつけます。また、体内の酵素は熱によって活性化。からだの修復がさらに促進されます。

スポンサーリンク

自然治癒力をジャマしてしまう、間違った考え

私たちも風邪や病気になれば、熱が出て食欲もなくなります。体内の酵素を、新陳代謝(体の回復)に使おうとするメカニズム。そして体が回復するにつれて、熱も下がって食欲も出てきます。

熱を出して、食欲をなくさせて、自然治癒力を高めて治そうとしている時に、

  • 「解熱剤」を使って、早く熱を下げる
  • 「食べないと治るものも治らないわよ!」とご飯を食べさせる

というのは間違い。自然治癒力をジャマしていることになります。(※小さなお子さんの発熱には注意が必要です)

頭で考えるより、体の声を聞こう

頭で考えるより体の声を聞くほうが正しいことが多いのではないでしょうか。「食欲がない」というのは、食べ物を消化することより体を回復させることに専念するために、脳が食欲不振にさせているのかもしれません。

しっかりと疲労を回復するために、食事を減らすことも時には効果的。食欲不振自体が問題なのではなく、体を回復させるための手段として食欲不振にさせているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

▼関連記事