脳の疲労回復

疲労を回復する食事

脳の疲労回復

HOME > 疲れをとる方法 > 食事 > 脳の疲労回復

脳の疲労を回復する方法

疲労は体だけではありません。脳だって疲れてきます。難しい仕事、考え抜く仕事、瞬時に判断する仕事をしていると、体よりも脳の疲労を感じることは珍しくないでしょう。

そこで、脳の疲労を回復する手軽な方法をいくつかご紹介します。

脳の疲労を回復する方法(1)甘いもの

脳の疲労を回復する甘いもの

疲れた時には甘いもの、というのは定番でしょう。実は、体の疲れをとるには甘いものはあまり効果的ではないのですが、脳の疲労回復に甘いものは効果的なのです。

頭をフル回転させる同時通訳の方にとって仕事中のチョコは必需品。甘いものに含まれる砂糖が体内で素早くブドウ糖に変化。脳の疲労をとるだけでなく、脳のはたらきを助けるからです。

ブドウ糖に変化することと脳の疲れをとること。どう関係しているのかというと・・・

脳のエネルギー源は「ブドウ糖」のみ。しかしブドウ糖は「体にためておいて必要な時にすぐにエネルギーに変える」ということができないのです。

脳は、1時間で5gのブドウ糖を消費します。脳のはたらきをキープしたり、脳の疲労を回復するためには、すばやく体内でブドウ糖に変化してくれる「甘いもの」が効果的なのですね。

スポンサーリンク

脳の疲労を回復する方法(2)目を閉じる

目を閉じるのも、脳の疲労を回復する効果的な方法。「そんな方法で効果があるの!?」なんて思われがちですが、意外と効果を発揮するんです。

五感の中で、もっとも情報量が多いのが「視覚=目」。視覚からの情報が80%、嗅覚や触覚からが16%、聴覚から4%、と言われます。

目を閉じるだけで、脳に入ってくる情報の80%がカットされるので、それだけで脳のはたらきがラクになるのです。少し脳が疲れたな、と感じたら、2分でも3分でも目を閉じてリラックスするだけで、ずいぶん違いますよ。

脳の疲労を回復する方法(3)30分ほどの昼寝

昼寝も、脳の疲労を回復する効果的な方法のひとつ。最近では、午後の昼寝を積極的に取り入れている会社も出てきました。

脳の疲労を回復する昼寝

昼寝の効果は夜の睡眠の3倍とも言われるほど。時間がもったいないからと我慢して仕事をするよりも、30分程度の昼寝をしてから集中して仕事をした方が能率も成果も高くなるようです。

昼寝は寝すぎに注意が必要。かえって脳がボーッとなってしまうこともあるので、午後3時までの間に30分ほど昼寝をするのが脳の疲労回復には最適です。

スポンサーリンク

脳の疲労を回復する方法(4)植物など自然の香りをかぐ

森林浴は心も体も癒されます。疲れたからといってすぐに高原に行くわけにはいきませんので、自然の香りの小物を用意しておくのもおすすめです。

脳の疲労を回復する香り

ひのきの香り、森林の香りなど、化学的につくられた香りではなく天然の香り成分から作られたものがいいですね。

アロマオイルをティッシュにひたして、机の引き出しやバッグや枕カバーの中に入れたり、お湯の入ったマグカップに2、3滴たらしてお風呂に持って入ったり。

目を閉じて、鼻から深くゆっくりと香りを吸い込んでみてください。香りは脳の中の感情をつかさどる部分に直結しますので、脳の疲労を回復するとともに、心までリラックスできることでしょう。

しっかりほぐれて頭もスッキリ♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事