立ちくらみの原因

疲労を回復する食事

疲労を回復する食事

効果的な食べ方や組み合わせなど

HOME > 疲れをとる方法 > 食事 > 立ちくらみの原因

立ちくらみの原因

立ちくらみの原因には何があるでしょう?低血圧が原因であったり、起立性調節障害や起立性低血圧からくるものであったり。最近ではストレスによる自律神経の乱れが原因で立ちくらみを起こすケースも増えています。

では、立ちくらみの原因と解消法について紹介します。

立ちくらみとは?

立ちくらみとは、横になっていたり座っている姿勢から急に立ち上がった時や、お風呂にゆっくりつかって立ち上がった時、長時間立っている時などに、クラクラッとしたり、目の前が白くなる状態のこと。

立ちくらみ

立ちくらみは脳に血液が足りないことや、低血圧が原因で起こるもの。20代から30代の女性に多い傾向があります。また子供の立ちくらみは「起立性調節障害」と呼ばれ、大人の立ちくらみは「起立性低血圧」と呼ばれています。

ちなみに「めまい」は平衡感覚を失うことが原因。立ちくらみとは別です。それでは、立ちくらみによい食事を紹介します。

立ちくらみには酸素を運ぶ鉄分が大切

立ちくらみの原因は脳の血液不足といわれます。ということは、血液を作って酸素を運ぶ役割をはたす「鉄分」の不足も大きな原因。特に、脳の血行が悪くなって酸素が不足した時に立ちくらみが起こりやすく、女性に多い傾向があります。

酸欠状態が続くと、立ちくらみだけでなく全身の疲れにも影響します。なので、食品で鉄分を補うことが立ちくらみの予防にはとても大切です。

立ちくらみ によい 食事

立ちくらみの原因は鉄分の多い食事で解消しましょう。ほうれんそう、レバー、海藻など。特に海藻は体の中で鉄分が吸収されやすいので立ちくらみ予防の食べ物として効果的です。

海藻は食物繊維も豊富。食物繊維の多い食べ物は体を副交感神経(回復モード)に切りかえてくれます。疲労回復にも立ちくらみの予防にも海藻はとてもおすすめです。

スポンサーリンク

ストレスも立ちくらみの大きな原因のひとつ

「ストレスによる筋肉の緊張」も立ちくらみ の原因のひとつ。ストレスを感じると交感神経が優位になって、筋肉がかたく緊張します。すると血行が悪くなるので、脳にも酸素や血液が行き届きにくくなって立ちくらみを起こすことがあるのです。

立ちくらみは、特に下半身の血行の悪さからくることも多く、これもストレスによって筋肉がかたくなっていることが原因となっています。

立ちくらみを解消するために鉄分の多い食べ物をとるように心がけても、筋肉が固いままではせっかくの栄養素は吸収されにくく、全身にも行き渡りません。全身に栄養を運ぶ血液も、疲労物質などを排出するリンパも、筋肉の中を流れています。なので流れをよくして酸素や栄養を行き渡らせるためには筋肉がほぐれていることが必須なのです。

そこで、筋肉をしっかりほぐして流れをよくして、本来の健やかな状態に戻す方法を紹介します。参考になさってください。

筋肉をしっかりほぐして流れをよくする方法  >>

スポンサーリンク

▼関連記事