寝つきをよくする飲み物

疲れをとる飲み物

寝つきを良くする飲み物

HOME > 疲れをとる方法 > 飲み物 > 寝つきをよくする飲み物

寝つきをよくする飲み物とは?

寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、と感じている方が増えています。眠れないというのもかなりつらいもので、気になり始めると余計に寝つきが悪くなってしまうという悪循環に陥ることも多々あるのではないでしょうか。

そこで、寝つきをよくする飲み物を紹介します。安眠に効果のある飲み物は意外と多いので、代表的なものをいくつか紹介してみます。

寝つきをよくする飲み物 : 温かい牛乳

寝つきをよくする牛乳

寝つきをよくする飲み物の代表的なものが牛乳。牛乳に含まれる「トリプトファン」という成分は脳内で「セロトニン」という睡眠物質を作りますので、それによって安眠効果を得ることができるのです。

冷たいまま飲んでしまうと体を冷やすので逆効果。温めてホットミルクにして飲みましょう。ホットミルクが苦手な方はミルクティーにしたり、牛乳をたっぷり入れたホットココアにしても寝つきをよくする効果が期待できます。

寝つきをよくする飲み物 : ハーブティー

寝つきをよくするハーブティー

またハーブティーにも睡眠効果のあるものがいくつか存在します。代表的なものはカモミールティー、ミントティー、ラベンダーティーなど。ハーブによる鎮静効果や安眠効果により、気持ちを落ち着けてぐっすりと眠ることができます。

ハーブティーは独特の風味が苦手という方も多いでしょう。そんな方はハチミツなどを入れるとぐんと飲みやすくなります。

ハーブの香りで気分もリラックスできますので、より安眠効果が期待できます。カモミールやラベンダーにこだわらず、自分が美味しいと感じたり、香りで落ち着く気分になれるハーブティーを選ぶのもいいと思います。

スポンサーリンク

ハチミツや生姜も寝つきをよくする効果大

ハチミツにも安眠効果やリラックス効果がありますので、さらに効果もアップ。このハチミツの効果を利用して、他の飲み物と組み合わせるのもおすすめ。

生姜もおすすめ

牛乳にハチミツと生姜を混ぜて飲む「ハチミツ生姜ミルク」や、生姜湯にハチミツを混ぜて飲むのもいいですね。

乾燥させた生姜には体を温める効果がありますので、寝つきをよくするのには最適な飲み物です。(生の生姜は体を冷やしてしまいます。乾燥させた生姜を使いましょう)

 

いずれもそれぞれ単体でも睡眠効果やリラックス効果のあるものですので、相乗効果でより良い効果をあげることができ、安眠の手助けをしてくれます。他にもココアもリラックス効果が高く、寝つきをよくするとされています。

共通する注意点としては、どの場合も温かいものを飲むということ。基本的に体を冷やしてしまうのは安眠の大敵となります。寝つきをよくするためには、かならず温かい飲み物を飲みましょう。

しっかりほぐれて朝までぐっすり♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事