水の飲み方

疲れをとる飲み物

疲れをとる水の飲み方

HOME > 疲れをとる方法 > 飲み物 > 水の飲み方

疲労を回復する水の飲み方

水の飲み方次第で疲れがとれることもあれば、かえって疲れることもあります。なぜなら私たちの体の60%から70%が水でできているから。そこで疲労回復に効果的な水の飲み方を紹介します。

疲労を回復する水の飲み方

疲労の回復には栄養の補給が大切。その栄養をしっかりと吸収して体のすみずみまで届けることはもっと大切です。

栄養や酸素を運ぶのは血液。その血液の80%は水分でできています。血液中の水分が不足してドロドロ状態になってしまっては、血液の流れも悪くなり全身に栄養も酸素も運ぶことができません。

血中濃度を薄めるためにも、水を飲むことは効果的。汗をかいてのどが乾いたところによく冷えたビールを飲むのは最高においしいものですが、体の水分が減っているということは、血液中の水分も不足している証拠。ビールの前に水を一杯飲むだけでも血液中の水分が補給されるので、体にやさしいですね。

こまめに少しずづ飲むのが、効果的な水の飲み方

1日に必要な水の量は2リットルといわれます。食事などからも水分が補給されるので、水は1.5リットル程度飲むとよいでしょう。

疲労を回復する水の飲み方

ここで水の飲み方に注意。たくさんの水を一気に飲むのではなく、20~30分おきに口を湿らせる程度でこまめに補給することが、効果的に疲れをとる水の飲み方です。

20~30分おきというのは難しいかもしれません。のどが渇いたなと思う前に、コップ一杯の水を飲む飲み方を心がけてくださいね。

冷えた水は体を冷やしますし、筋肉も固くなって体の流れが悪くなります。ぜひ常温の水を飲むようにしましょう。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事