酵母とは

酵素で美と健康に

酵母

HOME > 酵素で美と健康 > 酵母とは?

酵母とは?

酵母とは、直径が5~10ミクロンの大きさの、真核単細胞生物(酵母菌)です。いわゆる菌類で、細菌よりもかなり大きなものです。

酵母には非常にさまざまな種類があり、現在は349種に分類されています。自然界では樹液や花蜜、果実など、いたるところに生息しています。

酵母は、糖分に作用してアルコールと炭酸ガスに分解する働きをもつ発酵菌(イースト)です。この「発酵」というはたらきを利用して、お酒やパン、味噌などを作るときに良く用いられます。

人間が活用している酵母にはある共通点があります。それが、糖を分解してアルコールと炭酸ガス(二酸化炭素)を作る「アルコール発酵」。

パンの場合は、発酵によって発生する炭酸ガスがパンをふっくらと膨らませています。お酒づくりやしょうゆを作っている時には、ブクブクと泡がたっています。これも酵母がさかんに活動して、二酸化炭素が発生している様子です。

スポンサーリンク

▼関連記事