悪玉菌

酵素で美と健康に

悪玉菌

HOME > 酵素で美と健康 > 悪玉菌

悪玉菌とは?

悪玉菌とは、腸内をアルカリ性にして硫化水素などの腐敗物質を作りだし、人体に有害な影響を及ぼす細菌の総称。腸にとってマイナスに働く菌のことですね。

この悪玉菌は、腸内でたんぱく質を分解し、悪い物質(毒素)を放出します。それによって腸を傷つけてしまうので、腸内環境が悪化していきます。

腸内細菌で善玉菌が減り悪玉菌が増加すれば、便秘や下痢などを引き起こします。

有害な悪玉菌は、大腸菌、ウェルシュ菌などの腐敗型細菌郡です。腐敗菌は、たんぱく質を分解して有害物質を発生させ、老化やがんにも関係しているといわれます。

その他、腸内細菌には体調(体内環境)によって、善玉にも悪玉にもなる 『日和見菌(ひよりみきん)』があります。各細菌の勢力バランスの変化で体にさまざまな影響を与えます。

日和見菌がポイント

腸の中の環境のことを 「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」 や 「腸内フローラ」 と呼びます。

腸内フローラでは、善玉菌や悪玉菌の数よりも、「日和見菌(ひよりみきん)」の数の方がはるかに多いのです。

腸内フローラにおいては、この日和見菌がポイント。

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌とを比べて、多い方の味方につくのです。「長い物には巻かれよ」 ですね。

腸内フローラで、悪玉菌が優勢な状態になっていれば、日和見菌は悪玉菌に変わります。ですので、善玉菌が優勢になるような腸内環境づくりが大切となってきます。

スポンサーリンク

▼関連記事