酵素のはたらき

酵素で美と健康に

酵素とは

HOME > 酵素で美と健康 > 酵素とは?

酵素とは?

  • ちゃんと食べてるのに、どうも調子がよくない。
  • サプリメントを飲んでいるのに、なかなか疲れが・・・
  • ここのお肉が燃えてくれればいいのに・・・

その原因、酵素不足かもしれません。

酵素がなければ何ひとつできない

私たちの体は、食べたもので作られています。もっとも寿命の長い細胞でも、6ヶ月で新陳代謝によって生まれ変わります。私たちの体の中では、さまざまな化学反応によってエネルギーが作られ、細胞が生まれ変わり、体を修復し、生命を維持しています。

体のなかで起こるすべての化学反応には、さまざまな種類の酵素が不可欠です。

ビタミンも、ミネラルも、食物繊維も、たんぱく質も大切です。でも、栄養素をいくらたくさんとっても、酵素がなければエネルギーに変わることはありません。

あなたの体を工場にたとえると、ビタミン・ミネラル・炭水化物などの栄養は 「原材料」 や 「道具・機械」 。酵素は 「作業員」 です。工場に、材料や道具がいくらたくさんあっても、作業員が不足していれば、作業はなかなか進みません。材料であふれかえって、かえって仕事のジャマになってしまったり。

作業員がいなければ、工場では何も作ることができないように、体のなかに酵素がなければ、私たちは生きていけないのです。

酵素のはたらきとは?

酵素のはたらきは 「食べたものの消化」と「新陳代謝」 の2つ。

風邪をひいたり、体調が悪い時、食欲がなくなりますよね?これは、体内にある酵素を 「新陳代謝=体の回復」 のためにだけ使いたいから。その時に たくさん食べてしまうと、体の中の酵素は 「食べ物を消化すること」 に使われてしまうので、「体を回復する作業」 に十分な酵素を使えなくなって、回復が遅くなります。

なので、体を回復させるために食欲をなくさせているのです。

「食欲が出てきたから、もう大丈夫ね」 というのは正解。「無理してでも、ちゃんと食べないと良くならないわよ」 というのは間違いです。

体内で作られる酵素には限度がある

酵素は体内でも作られますが、一生で作られる酵素の量には限度があります。体内で作られた酵素ばかり消費してしまうと、寿命がどんどん短くなります。なので、健康で長生きするためには、食べ物から酵素をとることが大切。

酵素は、40℃くらいがもっとも元気にはたらく温度ですが、高熱に弱く、48℃になると壊れはじめてしまいます。なので、加熱した食べ物には酵素は含まれていません。

酵素をとるには「生のもの」を食べるしかないのです。生野菜でも、果物でも、お刺身でもOK!ぜひ、生のものを食べるようにしてください。

「発熱と空腹は最高のお医者さん」

と言われるのは、この酵素のはたらき がポイント。

  • 発熱・・・酵素が活性化する環境(温度)にして、体の回復を活発にする
  • 空腹・・・酵素を食べ物の消化に使わず、新陳代謝(体の回復・再生)に専念させる

体は本当によくできています。体の声に耳を傾けて元気な毎日をお過ごしください。

スポンサーリンク

▼関連記事